読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっと前向きにもっといきいきと

もっと前向きにもっといきいきと

amtsがにきびの跡の治療に大勢

ジェムメルバイスと言う医師は、 1848年産褥熱で死んでいく母親を見て、細菌が原因であると考えて手の消毒を実施した。彼は診療をする前に、塩化カルシウムで手を消毒した後に産褥熱での死亡率は10 %から1 %程度に減少した。

 


しかし、当時の医師たちは、それが愚かであると考えて、彼を冷遇して精神病院で寂しく死んでいった。


現在では、ゴッホパスツール以降の細菌やウイルスの感染症が大勢だが、病院や他の皮膚管理室、自己治療などでもまだ傷跡や皮膚管理のためだけのコストを節約するためmtsを使用する。筆者もmtsを10以上持っているが、その施術時の痛みを直接経験してみて、 1回限りの複数回の施術という事実に身震いがして、絶対に施術していない。国の監督機関と保健福祉では、使い捨て針使用を奨励して何度も使用している病院を指導監督しなければならにも責任を回避している。


つまり、現在のリサイクルされたmts機器施術を放置することは、医学的に無知の所産であり、 19世紀と変わらないだろう。

2009年の状況を見ると、にきびの傷をamts機構で治療がされるという某皮膚学会の講義がある。しかし、それは施術者の技術、時間、アンプル、強度、 amtsの深さに応じて異なっている。

また、患者の食習慣、肌年齢、にきびの状態、心構えに応じて治療率が異なり、また、食事の調節をすることができない場合、新しい肉ができる薬の服用をしなければならない。


皮膚は、エピセリアル細胞(上皮細胞)であり、消化管も同様である。すなわち、内部の消化管と外部の皮膚のようなものである。したがって、専門的な医院で食事指導を厳守し、漢方薬を服用して傷の治療に万全を期すべきである。

 

最も重要なことは、にきびが発生した状態で、傷の治療は、火を消さずに治療するので、まず薬で治療して一緒に傷の治療を図ることが最善の治療である。